天文学的!? ポーカーでロイヤルストレートフラッシュが揃う確率とは  

ギャンブルを嗜むみなさん、こんにちは。 

 

前回テキサスホールデムポーカーの中でも特にテキサスホールデムにまつわるいろいろな確率について説明した【知って得するテキサスホールデムのいろいろな確率は読んでもらえただろうか。 

 

テキサスホールデムポーカーをやったことがあるみなさんは運に任せるだけではテキサスホールデムポーカーで勝てないということが身に染みてわかっているだろう 

 

前回の記事では、そんなテキサスホールデムポーカーのいろいろな確率の知識を知っておくことで運任せではなく確実にテキサスホールデムポーカーの勝率を上げることができるとわかったはずだ。  

 

今回は、そんなテキサスホールデムポーカーにおいて、ランドカジノやオンラインカジノのポーカーテーブルでもめったにお目にかかれない、最高難度のポーカーの役、ロイヤルストレートフラッシュの確率を紹介する。  

この記事を読んでわかることはこんなことだ。  

  • ポーカーの基本知識 

  • ポーカーの役と確率 

  • ロイヤルストレートフラッシュの確率 

まだ【知って得する】テキサスホールデムのいろいろな確率を読んでいない方は、併せて読んでおいてほしい。 

 

前置きはここまでだ。これさえ読めば、【ポーカーのロイヤルストレートフラッシュの確率】をバッチリ理解できるはずだ。 


ベラジョンに登録して$10ボーナスをもらおう!

ポーカーのロイヤルストレートフラッシュの確率】を教えよう・・・ポーカーの基本知識 

ポーカーのロイヤルストレートフラッシュの確率について言及する前に、ポーカーの基本知識をおさらいしておこう。 

 

ポーカーとは、トランプカード52枚を使って、ディーラーとプレイヤーがそれぞれに配られる5枚のカードでより強い役を作ったほうが勝ちというカジノでは定番のテーブルゲームだ。 

 

ただし、ポーカーでは自分のハンドの強さに関わらず、ブラフをかけることで相手をゲームから降ろすことも可能なことから心理戦で勝負できる面白さも魅力の1つである。 

ポーカーのロイヤルストレートフラッシュの確率】を教えよう・・・ポーカーの 

ポーカーの役は以下の10種類が使用される。 

  • ロイヤルストレートフラッシュ

  • ストレートフラッシュ

  • 4カード

  • フルハウス

  • フラッシュ

  • ストレート

  • スリーカード

  • ツーペア

  • ワンペア

  • ハイカード

上から順に難易度が高く、下へ進むにつれて難易度が低くなる。今回のメイン、ロイヤルストレートフラッシュはポーカーの役の1つで、見た通り、最高難易度の役である。 

ポーカーの役の確率 

それではさっそく最高難度の役であるロイヤルストレートフラッシュの出現確率を見てみよう。  

 

ロイヤルストレートフラッシュの出現確率= 0.00015%  

この出現確率は約260万通りのカード5枚の全組み合わせから、ロイヤルストレートフラッシュの出現確率を下記の方程式から求めた数値である。 

の全組み合わせ÷カード5枚の全組み合わせ(260万通り)×100=役が出る確率(%) 

 

言うまでもないが、一応説明しておこう。ロイヤルストレートフラッシュとは「同じスーツの10 J Q K Aで構成される役」のことだ

つまり、ロイヤルストレートフラッシュは下記の4通りしかないということである。 

  • ♢10♢J♢Q♢K♢A

  • ♣10♣J♣Q♣K♣A

  • ♡10♡J♡Q♡K♡A

  • ♠10♠J♠Q♠K♠A

つまり、約260万通りのポーカーの全ての組み合わせに対して、たった4通りのロイヤルストレートフラッシュの出現確率なので、0.00015%という驚異的に低い数値になるのだ。 

当然だが難易度の高い役ほど出現確率が低い。ポーカーの役でも最も難易度の高い役であるロイヤルストレートフラッシュの出現確率は、なんと0.00015%と役の中でも最も低い出現確率だ。 

それでは、ロイヤルストレートフラッシュの出現確率についてより詳しく見ていこう。 

ポーカーのロイヤルストレートフラッシュの確率】を教えよう・・・ロイヤルストレートフラッシュを構成するカードの出現確率 

ロイヤルストレートフラッシュは前述したように同じスーツの10 J Q K Aの5枚のカードで構成される4通りしか存在しない役である。 

このロイヤルストレートフラッシュを構成する5枚全てのカードが出現する確率は0.00015%と極端に低い確率であるが、それでは、4枚以下のロイヤルストレートフラッシュを構成するカードが出現する確率はどうだろうか。 

 

組み合わせとしては、以下の通りである。 

1-4枚を引いた時、ロイヤルストレートフラッシュを構成するカードを引く可能性 

  • 4枚 940通り 

  • 3枚 43240通り  

  • 2枚 622200通り 

  • 1枚 1731200通り 

これを確立にして表すと、以下のとおりである。

  • 4枚 0.036% 

  • 3枚 1.66% 

  • 2枚 23.9% 

  • 1枚 67% 

上記の確率を見ると、ロイヤルストレートフラッシュどころか、役を構成するカードを5枚のうち3枚引くだけでも難しいことがわかる。 

 

ポーカーをプレイしていると、1度は披露してみたいロイヤルストレートフラッシュ。

しかし、その確率の低さを見れば、ロイヤルストレートフラッシュ狙いでプレイするのは無謀といえる。 

それでは、他の役はどうだろうか。 

その他の役の出現確率

役の名前 出現確率
ストレートフラッシュ 0.0013
4カード 0.024
フルハウス 0.14
フラッシュ 0.19%
ストレート 0.39%
スリーカード 2.11%
ツーペア 4.75%   
ワンペア 42.25% 
ハイカード 50.11% 

ロイヤルストレートフラッシュに比べると、2番目に難易度の高い役であるストレートフラッシュの出現確率ロイヤルストレートフラッシュの出現確率よりも10倍以上高いことが見てわかる。 

次項からは、それぞれの役についても簡単に触れていく。 

ストレートフラッシュ 

ストレートフラッシュは「同じスーツの連続した数字で構成される役」である。 

ストレートフラッシュの組み合わせは、全部で36通り。そのため、ロイヤルストレートフラッシュの出現確率と同様に、上記の方程式より出現確率は0.0013%と計算される。 

4カード

4カードは同じ数字のカード4枚で構成される役」である。 

4カードの組み合わせは、全部で624通り。そのため、ロイヤルストレートフラッシュの出現確率と同様に、上記の方程式より出現確率は0.024%と計算される。 

フルハウス

フルハウスはスリーカードとワンペアで構成される役」である。 

フルハウスの組み合わせは、全部で37444通り。そのため、ロイヤルストレートフラッシュの出現確率と同様に、上記の方程式より出現確率は0.14%と計算される。 

ストレート

ストレートは連続した数字のカード5枚で構成される役」である。 

ストレートの組み合わせは、全部で10200通り。そのため、ロイヤルストレートフラッシュの出現確率と同様に、上記の方程式より出現確率は0.39%と計算される。 

スリーカード

スリーカードは「連続した数字のカード3枚で構成される役」である。 

 

ストレートの組み合わせは、全部で54912通り。そのため、ロイヤルストレートフラッシュの出現確率と同様に、上記の方程式より出現確率は2.11%と計算される。 

ツーペア

ツーペアは「2組のペアで構成される役」である。 

 

ツーペアの組み合わせは、全部で123552通り。そのため、ロイヤルストレートフラッシュの出現確率と同様に、上記の方程式より出現確率は4.75%と計算される。 

ワンペア 

ワンペアは「1組ペア(同じ数字のカード2枚で構成される役」である。 

 

ワンペアの組み合わせは、全部で1098240通り。そのため、ロイヤルストレートフラッシュの出現確率と同様に、上記の方程式より出現確率は42.25%と計算される。 

ハイカード 

ハイカードとは「役のない5枚のカードの組み合わせである。 

 

ハイカードの組み合わせは1302540通り。そのため、ロイヤルストレートフラッシュの出現確率と同様に、上記の方程式より出現確率は50.11%と計算される。 

 

つまり、約50%の確率で役のないハイカードが出現するということだ。 

ポーカーのロイヤルストレートフラッシュの確率/総括  

今回はポーカーのロイヤルストレートフラッシュの確率を主にポーカーの基本知識からすべての役の確率までを網羅した。   

 

ポーカーは運任せや心理戦での勝負が目立ちがちだが、裏付けされたデータをもとにアクションを取って確実に勝率を上げてほしい。 

 

私の知識が、少しでもプレイヤーたちの助けになると幸いだ。 それでは、お互いの健闘を祈る。 


ベラジョンに登録して$10ボーナスをもらおう!